スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年03月25日

大谷、打者で開幕スタメンへ

 (オープン戦、日本ハム2-2ヤクルト=規定により引き分け、24日、札幌ドーム)54年ぶり快挙にGO!! 日本ハムのドラフト1位・大谷翔平投手(18)=花巻東高=が打者として西武との開幕戦(29日、西武ドーム)で先発出場することが24日、確実になった。オープン戦は打率.182だったが、潜在能力の高さを首脳陣が評価した。高卒新人野手での開幕先発出場になれば、球団では1959年の張本勲以来54年ぶり。オープン戦最終戦となったこの日のヤクルト戦(札幌ドーム)でも最終打席の八回に本拠地初安打となる右前打を放ち、アピールした。

【写真で見る】OP戦で右前に痛烈に運んだ大谷

 0-2の八回無死一塁。痛烈な打球が一、二塁間を破る。それまで、2打席連続三振の大谷が本拠地初安打となる意地の一振り。その後の同点劇をおぜん立てした。

 「最後の最後に一本を打てたのは大きいけれど、反省したいです」

 二刀流ルーキーは反省の弁を並べたものの、首脳陣の評価は違った。金の卵を開幕1軍スタメンに大抜擢(ばってき)することを決めた。

 教育リーグで14打数5安打とし、15日から1軍に合流した大谷。だが、オープン戦は10試合で打率・182に終わった。それでも、17日の中日戦(鎌ケ谷)で“プロ1号”となる約130メートル弾。投手としても初登板の楽天戦(21日、東京ドーム)で最速157キロをマークした。高卒新人ながらひたむきに二刀流に挑戦し続ける姿にファンが共感。1軍でもチームメートと談笑するほど打ち解けた。首脳陣も問題なくゴーサインを出した。

 話題性だけではない。球団はキャンプ前の1月23日に、WBC代表の糸井嘉男外野手(31)をオリックスに電撃放出。空いた右翼を新加入の赤田(前オリックス)、5年目の杉谷らと争っていた。大谷は20日のヤクルト戦で本塁へレーザービームを披露するなど、守備もそつなくこなし、糸井の“後釜”をアピール。オープン戦を終えたこの日、2年目捕手の近藤とD7位・右腕の河野(新日鉄住金広畑)が2軍落ち。開幕を5日後に控え、出場選手登録28人にほぼ絞られ、大谷もその中に名を連ねた。

 注目は開幕戦だ。29日の西武戦(西武ドーム)でも大谷のスタメン出場は濃厚。オープン戦も10試合中5試合に先発しており、この日のヤクルト戦と同じく「8番・右翼」となる可能性が高い。高卒新人野手で開幕スタメンとなれば、球団では史上初の3000安打を達成した張本勲(浪華商高出)以来54年ぶりの快挙だ。

 「まだ期待に応えられていない。期待をかけられている分、しっかりやりたい」としっかりと足元を見つめる大谷。一度はメジャー入りを目指した男が、チームの2連覇に向けて北の大地で光を放つ。  


Posted by ビッグバン at 09:43Comments(0)